女性の性欲を刺激しセフレにしやすくするための匂い・香水の使い方

女性にモテたいときに努力することって色々あると思う。基本的には身だしなみ。服装とか髪型とか、清潔感っていうのは基本中の基本でしょう。
そういう基本をしっかりとした上でのもうひと押しでお勧めするのが「匂い」。

身だしなみっていうのは見られないと気付かれない部分もあるけど、匂いはどんなに違う方を向いていても自然と相手の鼻に届くもの。無意識に相手に届いてしまう匂いをどうコントロールするか。それが女性にモテる努力の決め手の一つになるね。匂いっていうのは、理屈をすっ飛ばして本能へダイレクトに訴えるものなんだ。

過去の話で恐縮だが、一人暮らしの部屋の芳香剤にはラベンダー系を使用してた。トイレだとか洗面所だとか、あとは部屋にも小さいラベンダーの芳香剤を置いてた。

ある日、セフレをホテルじゃなくて初めて部屋に招待したとき、「あ、○○さんの匂いだ~」と言われて。何気なく置いていたラベンダーの香りが服やスーツにも移っていて、それが彼女には「俺の香り」として無意識に刷り込まれてたみたい。

そういう経験から、匂いを効果的に使えば女性に対してのアピールになるのではと考えるようになった。
今でも部屋の芳香剤にはラベンダーを利用することが多い。あと、香水も芳香剤に合わせてラベンダーに似た香りのものを店員さんに相談して選んでもらってる。匂いが混ざるよりは統一感があった方がいいと思ってね。

香水の相談なんかはお店で店員さんに気軽にできるものなので、思い切って話しかけてみると良い。自分の定番がどれなのか分からないときは、どんな感じをイメージしたいのかを告げるとスムーズ。別に女性にモテたいからとかではなくても「仕事場で清潔感を出したいので」とか適当な口実を作って相談すれば、店員さんがあなたにぴったりの香水を選んでくれるね。

ちなみにラベンダーの効能は、不安を和らげ精神を落ち着かせるというもの。そのときのセフレは情緒不安定なタイプの新人OLで、とにかく仕事のストレスでイライラしてた。だからラベンダーが効いたんだと思う。

逆に刺激を求めているようなタイプの女性なら、イランイランとかオススメ。女性によって使い分けると効くね。

あとは部屋の芳香剤なんかも香水と同系統のものにすると良い。スーツとか服に自然と部屋の芳香剤の匂いがつくので、香水と同系統にしておくと自然に自分を演出できる。

匂いという絶対防げない手段で女性にアプローチする。これって上手にできたらかなり効果的。

俺「もっと早く登録しとけばと後悔。。」
トップ⇒【まとめ】セフレ探しの最短手順
※毎月新規で3人のセフレを作ってる俺が利用中の神3サイトを公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>